うめさんといっしょ

いつのまにか梅とどこでも
一緒になりました。
PR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SEARCH
ARCHIVES
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
カラメル手芸部
カラメル手芸部
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< うめキング・ライブス | main | 黒い樹梅 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    エンジェル・メーウー
    0
       1914年ハンガリーで起きた
      「ナジレーヴのエンジェル・メイカー殺人事件」というのを
      ご存知でしょうか?
      私は知りませんでしたが
      閉鎖的なハンガリーの田舎町。

      戦争で男たちがいなくなったこの街に
      イタリア人の捕虜たちがあらわれた。

      開放感あふれていた女性たちは
      次々と捕虜たちと関係を持っていく。

      しかし、戦争が終わり
      男たちが帰ってくると
      また以前の生活が戻ってきた。

      男たちは戦争によって心と体に傷を負い
      以前よりいっそう彼女たちを抑圧する。
      自由から一転した妻たちは次第に鬱憤をつのらせ
      次々と夫を殺害していく。

      実際はどうだったのか?
      それはわかりませんが、
      この本はじつにうまい。

      村から蔑視されていた少女シャーリー。
      両親を早く亡くし、助産婦となった彼女は
      どこか不吉な噂をたてられる存在だった。
      それは村の偏見であり、それに耐えていた。
      彼女の魅力に惹かれた村の有力者の息子と婚約するが
      間もなく戦争がはじまる。

      女性ばかりのなった村は
      以前とは違う開放的な空気があり
      孤立していたシャーリーにも友達ができる。
      ある日、イタリア軍の捕虜たちが村へやってっくる。

      最初は恐れていた彼らに女たちは徐々に近づき
      一人、また一人と情事に耽る。
      慎重だったシャーリーも愛する相手と出逢う。
      戦争が終わるまでと知りつつも
      彼らとのひとときに酔いしれる女たち。

      シャーリーの婚約者が負傷して帰って来たことから
      事態は一転する。
      以前の優しさはなくなり、シャーリーを所有することに
      執着を抱くようになる彼に命の危機を感じる。

      リアルです。
      主人公のシャーリーがとても現実的で知性あふれ
      彼女が殺人を犯していくさまは苦しいです。

      いろんな選択肢がない世界。
      本当はいろんな選択があるはず。
      村という閉鎖的な場所にいたら常識はこの村の中だけ。
      おそろしい・・・

      夫の松葉づえの音を聞くと堪えられないといった
      文章に思わず「わかる」とうなずいた。
      おそろしいんです。
      毎日のことだと。

      ウメの鼻息は幸せになるんですが・・・

      おもしろかったといったら不謹慎になるかもしれないですが
      おもしろい作品でした。
      評価:
      ジェシカ グレグソン
      ランダムハウス講談社
      ---
      (2007-11-01)
      コメント:うまいです。女性たちの追い詰められていくさまが見事に描かれ、気が付くと感情移入していました。この時代、しかも小さな村では女性が軽視されていて…人間として扱われていない人も多かったんじゃないか?一度味わった自由は彼女たちを目覚めさせ、もう二度と支配されたくなかったんでしょう。次第に殺人に慣れてしまった結果、こんなに多くの犠牲者が出たのかもしれない。それほど、抑圧されたものが大きかったと私は思う。

      | まち | 映画・本紹介 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
        こなつのお母さん (2009/10/12 8:24 PM)
        まちさん、うめちゃんお元気ですか?
        だいぶ朝晩冷えるようになりましたが、ナイター行ってらっしゃいますか?
        コメント以外に連絡方法がなく、本もお借りしっぱなしで・・・ごめんなさい。

        今日ご紹介の本、面白そうですね。読んでみたくなりました!
        まち (2009/10/13 9:43 PM)
        >こなつのお母さん
        うめはほとんど毎日元気に
        ドッグランに行っていますよー。
        ナイターにも行っています。
        元気な子なのでいくら遊んでも
        遊び足りないみたいです。
        涼しくなったので長く遊んでいられるようになって
        困っています・・・
        本は気にしないでください〜。
        こなつちゃんの症状を聞いていたので
        参考になればいいなと思ったんです。
        暑さがひいて、うめはあまりかゆみは出ないようになりました。
        こなつちゃんも平気かな?
        エンジェル・メーカーはおもしろいですが
        悲しいです。実際にあった事件だから
        絵空事ととらえることもできません。
        おもしろいというのも不謹慎かもしれない…
        事実は小説より奇なりです。









        url: http://ume-biyori.jugem.jp/trackback/63